保育園 感染予防


保育園ではたくさんの感染症が流行します。保育士としては園内の感染拡大を防ぐために努力することはもちろんですが、それと同時に自分が感染しないように予防する必要もあります。感染症から子どもたち、そして自分自身を守るためにできる5つの方法をご紹介します。 園児に感染の疑いがある場合は、周辺にいる子どもを別室に移動させ、部屋の窓を開けて換気を行い、速やかに嘔吐・下痢の処理を行います。
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi, 『1日3分で保育を楽しく』。“ほいくis”は、毎日の保育に必要な知識や、日常生活で役立つ情報をコンパクトに配信する保育士・幼稚園教諭向け総合メディア。毎日届けるコンテンツは、記事も動画も3分あればチェック可能です。実用情報以外に、オリジナルのコラム企画など多様な価値観に触れられる記事をラインアップ。ちょっとしたすき間時間で「気付き」と「学び」が得られる、新しいカタチの保育メディアです。, 秋・冬は気温も下がり、特に風邪が流行りやすい時期ですよね。保育園や幼稚園でもさまざまな感染症が見られます。大人があまりかからないような病気には、対応で迷うこともあるでしょう。流行りやすい病気や症状を知っておくだけでも、落ち着いた対応ができるようになりますよ。今回は、保育園でよく見られる秋・冬の感染症をご紹介します。, 出典:マイコプラズマ肺炎に関するQ&A 平成23年12月作成、平成24年10月改訂/厚生労働省, https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi, 『天使が舞い降りる村のカノア保育園』ブラジル 21歳女性保育士が漁村に保育園を作った!~ 出版記念トークイベント. とくに、保育園などの集団生活の場においては、爆発的に感染が広がってしまうおそれもあります。今回は、保育園におけるインフルエンザ予防のポイントと、感染拡大防止の対策についてお伝えします! 遊びのコンテンツ、日常保育に必須な保護者対応や、保育業界に関する時事情報なども配信中!

保育園でのノロウイルス発生時の対応と予防のポイント ・発生時に保育士が取るべき行動.

保育士や保育学生はもちろん親御さんの保育に関するひきだしを増やします♪, 子ども同士の距離が近い密閉された空間で、せきやくしゃみをすると、近くにいる子どもがウイルスを吸い込んで感染するリスクが高くなります。, 風邪をひいた子どもが鼻水やつばをふいた手でおもちゃを触ったり、他の子どもと手をつないだりすることも、風邪が広がる原因です。, 子どものちょっとした変化を見逃さないことが、風邪や感染症の予防や早期対応のカギです。, 保育園と家庭で協力して予防対策することが、全体の感染リスクを下げることになります。, 日中はなるべく子どもを外へ連れ出して、お散歩や運動遊びをさせて、とにかく体力を付けるように促しましょう。, 保護者の方が保育園に到着したら、子どもの状態や一日の様子を口頭で伝えるほか、連絡帳にも記載しておきましょう。, 日頃から手洗いやうがいを心がけ、「風邪気味かな?」と思ったらマスクを着用し、早めに寝たり、とにかく身体を休めることが大切です。, ビー玉が重りになり、坂道を進む小さなおもちゃです。飾りを付けたり、乗り物や動物等、発想豊かに、自分のミニミニくんを作りましょう!, 風船の中に、紙粘土を詰め込むと、なんとも言えない気持ちよさ。

保育園の風邪予防では、子どもと保育士、そして保護者の方がそれぞれ予防の意識を高めることが大きなポイントです。子どもが健康に楽しく保育園生活を送れるように、今回ご紹介した感染予防のポイントを実践していきましょう。

【医師監修】赤ちゃんに多い突発性発疹。その感染力は高いの?大人にもうつる?感染ルートや予防法をお医者さんに聞きました。保育園に登園してもいいいい目安や、重症化のリスクも。(監修:小田原銀座クリニック 長谷川佳子先生)

【Instagram】 保育士さん、学童指導員さんへのインタビューや実際に保育園で行われている遊び・学びに関する情報や 体調を崩しやすい季節の変わり目は、風邪をひく子どもが多くなる時期です。保育園内の流行を防止するため、何かしらの対策をとっている保育園も多いでしょう。本記事では保育園でできる風邪の予防対策についてご紹介いたします。, 保育園では、一人の子どもが風邪を引いただけで、あっという間に他の子どもにうつることがよくあります。「気付いたらクラスの半数が風邪になっていた」という経験をお持ちの方もいるでしょう。, 子どもの体は発達途中のため、大人よりも風邪をひきやすい傾向があります。新生児は母体からもらった「免疫グロブリン」と呼ばれる抗体が体に残っていますが、生後6カ月以降はその抗体が減少していきます。そのため、生後6カ月以降から体調をくずしやすくなる子どもが多いのです。特に月齢が低い子どもは免疫力が低く、重症化しやすいので、注意が必要です。, 保育園は集団生活の場です。クラスで一緒に遊んだり、給食やお弁当を食べたり、近くでお昼寝したりするなど、常に他の子どもが側にいる環境です。また、イベントや行事で保育園内にいる全員の子どもたちと同じ場所に集まったり、系列保育園との合同行事で大勢の子どもたちと触れ合う機会もあるでしょう。このように、接触する子どもの人数が多ければ、当然風邪がうつってしまう確率も高くなります。, 保育園は1つの部屋で大勢の子どもが生活しています。子ども同士の距離が近い密閉された空間で、せきやくしゃみをすると、近くにいる子どもがウイルスを吸い込んで感染するリスクが高くなります。特に冬場は乾燥していることに加え、夏場よりも換気の回数が少なくなるため、ウイルスが保育室に蔓延しやすくなります。, 風邪をひいた子どもが鼻水やつばをふいた手でおもちゃを触ったり、他の子どもと手をつないだりすることも、風邪が広がる原因です。せきが出ているのにマスクをしていない子どもから、ウイルスがうつる場合も少なくありません。特に0~1歳児は「鼻をかむ」「手を洗う」という動作を一人ではできませんし、おもちゃや身の回りのものをなめることも多いため、注意が必要です。, 「子どもの風邪が治った!と思ったらまだ別の子どもから風邪をもらってしまった…」という状況を防ぐために、保育士ができる子どもたちの風邪予防対策を7つピックアップしました。子どもが楽しく健康に保育園で過ごせるように、できることから始めましょう。, 風邪予防の基本は、手洗いとうがいです。子どもがお散歩や外遊びから帰ってきたときには、保育士が「手洗いとうがいしようね」としっかり声をかけましょう。もちろん、昼食やおやつ前、トイレ後に手を洗うのも忘れずに。, ハンドソープで10秒間手をごしごしと洗い、水を手に15秒間あてて洗い流すと、ウイルスの残存率がおよそ0.001%に抑えられるといわれています。, 上記の手洗いとうがいのコツを、イラストを添えた注意書きとして、水道付近に掲示すると注目を集め、子どもにも分かりやすいでしょう。手洗いやうがいを忘れてしまう子どももいるため、風邪が流行している時期は、保育士が子どもをしっかり見守りましょう。, 保育園で毎朝行う検温では、「子どもの体温がいつもと比べてどのように変化しているか」に注目しましょう。「いつも平熱が低めだけど、今日はいつもよりも体温が高い」という子どもがいた場合は、朝の受け入れ時に、保護者の方へ子どもの家での様子をたずねたり、連絡帳をチェックしたりして、体調の変化を確認することが重要です。そのまま熱が上がらなければよいのですが、次のような様子が見られる場合は体調をくずしているのかもしれません。, 検温チェックや視診はどうしても「流れ作業」になってしまいがちですが、子どものちょっとした変化を見逃さないことが、風邪や感染症の予防や早期対応のカギです。, 感染症が流行する時期は、とにかく園内を清潔に保つのが大切です。子どもが鼻水やつばが付着した手で園内の手すりやおもちゃを触れている可能性があるため、次の場所は念入りに掃除、消毒しましょう。, 特に感染のリスクが高い乳児用のオムツ交換代は、使うたびに消毒する必要があります。また、ぬいぐるみや布類は洗濯、もしくは日光消毒をしましょう。, 乾燥しているとウイルスは活発になります。保育室では加湿器を使って適度な湿度を保ちましょう。また、季節に合わせた室温に設定するのもポイントです。厚生労働省による「保育所における感染症対策ガイドライン」では、夏の室温26~28℃、冬の室温20~23℃、湿度は通年60%に設定することを推奨しています。高温高湿になると、カビやダニなどが繁殖してしまうため、部屋を暖めすぎたり湿度を高くしすぎないよう注意してください。また、季節問わず1日1回は必ず換気するようにしましょう。空気清浄機を使ってウイルスや花粉を除去するのも効果的です。, 【参考】厚生労働省「保育所における感染症対策ガイドライン (2018 年改訂版)」, 乾燥していると、のどにウイルスが付着しやすくなります。乾燥している日は、子どもたちに水やお茶を飲むよう、小まめに声をかけてください。緑茶に含まれる「カテキン」には殺菌作用があるため、おすすめです。, 感染症を予防するためには、保護者の方との協力も必要です。家庭でも予防を意識してもらうため、お便りで保育園で風邪が流行していることや、風邪予防のポイントを共有しましょう。, また、インフルエンザやRSウイルスなどが流行している場合は、予防接種の呼びかけも必要です。保育園と家庭で協力して予防対策することが、全体の感染リスクを下げることになります。, 風邪に負けない丈夫な体を作ることも、風邪予防の1つです。日中はなるべく子どもを外へ連れ出して、お散歩や運動遊びをさせて、とにかく体力を付けるように促しましょう。日中の運動量が増えれば、食欲も増進します。さらに、太陽の光を浴びることで、睡眠を促すホルモン「メラトニン」が分泌され、質のよい睡眠がとれます。睡眠は免疫力を高め、筋肉や骨を作る「成長ホルモン」の分泌を促す作用があるため、子どもの成長や丈夫な体作りには欠かせない要素です。子どもが規則正しい生活を送れるよう、保育士がしっかりサポートしましょう。, 自分が担当するクラスの子どもが体調を崩してしまった場合、保育士はどんな対応をとるべきでしょうか?対応の手順をまとめました。, 子どもがせきや高熱、だるさを訴えている場合は、他の子どもから離れたところに移動させましょう。医務室があればそこで安静に過ごすのが一番よいのですが、場所がない場合は、保育士の休憩室に子どもを運んで、手が空いている保育士に様子を見てもらいます。家庭から持参した布団に子どもを寝かせて、本や折り紙など、静かに遊べるものを渡して、保護者の方が迎えに来るまで待ちましょう。, 子どもに発熱や嘔吐、下痢などの症状がみられる場合は、すぐに保護者の方へ連絡して、お迎えに来てもらいましょう。もちろん、共働き家庭に場合は、すぐに迎えに行くことが難しい場合もあります。しかし、子どもの体や周りの子どもへの影響を考えると、やはり早く家に帰した方がよいでしょう。保護者の方が保育園に到着したら、子どもの状態や一日の様子を口頭で伝えるほか、連絡帳にも記載しておきましょう。, 当然ですが、保育士もきちんと体調管理しなくてはいけません。日頃から手洗いやうがいを心がけ、「風邪気味かな?」と思ったらマスクを着用し、早めに寝たり、とにかく身体を休めることが大切です。また、子どもの嘔吐物や排せつ物を処理するときは、専用のエプロンやビニール手袋、マスク、帽子などを装着して、嘔吐物や排せつ物に直接触れないように注意しましょう。処理が終わったら、必ず手洗いや消毒を行ってください。, どんなに注意していても、保育士が風邪をひいてしまうこともあるでしょう。人手不足の職場が多いため、中には「休んだら他の職員に迷惑がかかる!」と罪悪感を抱き、体調が悪いにもかかわらず、出勤する保育士もいます。しかし、体調がすぐれないまま出勤してしまうと、子どもや他の保育士にも風邪をうつしてしまう可能性があります。また子どもに何かあったときに適切な対応ができず、結果的に子どもを危険な目にあわせてしまう可能性もあるでしょう。体調が悪いときは、とにかく無理せず休みましょう。, 保育園の風邪予防では、子どもと保育士、そして保護者の方がそれぞれ予防の意識を高めることが大きなポイントです。子どもが健康に楽しく保育園生活を送れるように、今回ご紹介した感染予防のポイントを実践していきましょう。, 【参考】厚生労働省「特集1 一人ひとりの心がけが大切 抗生物質・抗菌薬の正しい使い方」, 保育士資格を持つ社員たちが、「保育のひきだし」の最新情報や関連保育施設での出来事をツブやきます!, 保育園、学童クラブ・児童館、小規模保育施設への就職・転職をお考えの方はこちらをご覧ください。, 保育士さんや学童指導員のみなさんに聞いてみた保育のお仕事“一年目”~あの頃があるから今がある!~, 「この手遊び歌、子どもたちの年齢に合ってる?」 「どんな手遊び歌が喜んでもらえるかな…」 歌いながら、手や指、体を動かす手遊び歌は子どもたちが大好きな遊びです。, 授乳中の赤ちゃんは愛おしいものですが、卒乳はいつか必ず訪れます。卒乳とは、赤ちゃんが自然に母乳を必要としなくなること。母親からすると少し寂しさを感じるときかもし, 子どもの睡眠時間に問題がないのか気になる親御さんは多いのではないでしょうか。睡眠時間が少ない場合、子どもにさまざまな影響を与える可能性があります。健康的な心と体, 保育園では給食が出ることが多いのですが、月に数回程度お弁当の日があったり、運動会や遠足などのイベントでも、手作り弁当が必要だったりしますよね。子どもは、保護者の, 【10月】園だよりのあいさつ・書き出し・文例・話のネタを紹介!保育園・幼稚園で活用しよう, 10月は運動会やハロウィンといった行事が多く予定されている時期。秋の遠足や作品展などを予定しているところもあるかもしれません。行事が多いと、その分おたよりが多く, 【11月】園だよりの挨拶・書き出し・文例・話のネタを紹介!保育園・幼稚園で活用しよう, 「保育のひきだし」は、現役保育士や大学教授が監修する子どもの可能性をひきだすアイデアを集めたサイトです。
形を変えて遊んでみよう!, 歯磨きをするときのように、口の中に水を含んで「くちゅくちゅ」と強めの音を立ててから吐き出す, 口の中に水を含んで上を仰ぎ、のどの奥に水が入り込めるようにしながら「がらがら」と音を立ててうがいをして、水を吐き出す. 子ども・子育て支援新制度や認定こども園についての最新の解説も掲載しています。

保育園ではたくさんの感染症が流行します。保育士としては園内の感染拡大を防ぐために努力することはもちろんですが、それと同時に自分が感染しないように予防する必要もあります。感染症から子どもたち、そして自分自身を守るためにできる5つの方法をご紹介します。子どもたちと一緒にはじめてみてくださいね。, 感染症の予防に1番効果的なのは、何と言っても手洗いうがいです。当たり前のように感じますが、忙しい保育の中で自分の手洗いうがいがおろそかになってしまうこともあるのではないでしょうか?, 感染症の流行時期や園内で感染症の発症が見られた時には、意識してこまめに手洗いうがいをするようにしましょう。, 手洗いうがいをするタイミングは、まずは保育園に到着したときです。通勤中にウイルスに触れている可能性もありますので、しっかりと手洗いうがいをして保育室に感染源を持ち込まないようにします。, 子どもにも登園時には手洗いうがいをするような声かけができると良いですね。0,1,2歳児ではうがいができない子どもも多いので手洗いはしっかりと。ウイルスは口の中で増殖しますので、水やお茶を飲んで口の中を清潔に保つようにしましょう。, 次に活動の合間です。水分補給をする前。戸外遊びの後。昼食やおやつの前には、子どもだけではなく、保育士も手洗いうがいを徹底します。戸外で水分補給をする時には、手洗いうがいはできませんので、ウエットティッシュを持参して手を拭く習慣がつけれると良いですね。, 手についたウイルスをこまめに洗い流す、うがいで体内に入れないことが感染の予防には何よりも大切です。, 感染症には潜伏期間があります。まだ発症はしていないので症状はありませんが、体内にはウイルスが潜伏している状態です。潜伏期間から感染するウイルスも多くあるので、症状が出ていなくても周囲に感染する可能性があります。, そのため園内で発症が確認されていなくても、感染の時期になったらマスクを着用することをおすすめします。発症を確認する前に予防をすることで、感染のリスクはだいぶ低くなりますよ。, 子どもは体調の変化を自分で周囲に伝えることができません。大人とは違い、発熱していても動き回ったりと元気なこともあり、気が付いた時にはかなり熱が上がっているという状態のときも…。もちろん重症化することは避けたいですし、感染拡大を防ぐという意味でも、子どもの体調の変化には敏感になるように心がけましょう。, 例えば、いつもよりも食欲がない。なんだか機嫌が悪い。反対にいつも以上にテンションが高く動き回ることが多いという場合にも、体調を崩す前兆である可能性もあります。子どもの体調の変化を感じ取るためには、普段の様子をしっかりと把握しておくことが大切です。, 普段と少しでも違うと感じた時には、こまめな検温を行い注意深く見守るようにしましょう。また、子どもは睡眠中に熱が上がることも多いので、午睡後の検温は必ず行いましょう。, 保育園は集団生活の場ですので、玩具の貸し借りも日常的に行われますし、0,1歳児ではよだれが付いたままの手で、床や壁、棚などを触る場面も多くみられます。保育室内にあるもの全てが感染源になりうるのですよね。, 物を通して感染することを予防するためには、消毒が効果的です。インフルエンザウイルスでしたら、アルコール除菌が効果がありますし、手足口病やヘルパンギーナを発症するウイルスに効果的な酸性のアルコールもあります。, 流行している感染症に対応できる消毒方法を把握し、午睡中や保育後などには必ず消毒を行うようにしましょう。また、手指の消毒にもアルコールは効果的ですので、おむつ替えの後や子どもの鼻を拭いた後などには保育士の手指を消毒することで感染の予防につながります。, 子どもの場合には肌が荒れてしまう可能性もありますので、アルコールによる手指の消毒は避けたほうが良いでしょう。, 冬に大流行するインフルエンザは予防接種をしたからと言って必ず感染しないというわけではありません。しかし、予防接種を受けることによって症状が軽くすんだり短期間で症状が治まる可能性が高いのです。, そのため、子どもから感染する可能性の高い保育士としては、ぜひ予防接種を受けることをおすすめします。保育園によっては、補助が出る場合もありますので確認してみてくださいね。, 感染症を予防するために効果的な方法を5つご紹介しました。もちろん感染症の流行時期に意識して予防をすることは大切ですが、日ごろから睡眠をしっかりと取る、栄養のある食事を摂るように心がけるなど規則正しい生活習慣を身に着けることも、感染症を予防するためには大切です。, また、手洗いうがいや保育室の消毒も感染症の流行時期だけではなく、常に行うことで習慣となりますので、ぜひ普段から心がけてみてくださいね。. 「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。とにかくよくしゃべる元保育士。絵本とジャニーズが生きがいです。

タンニン 効能, 急がば源泉 白猫 宝箱, Twitter モーメント カバー画像 サイズ, 中村昌也 中村倫也, インフルエンザワクチン 製造予定量, Twitter バージョン 最新, ジャニーズ 俳優 30代, 給与明細 英語 テンプレート, 花 いらすとや, 半分青い すずめ 離婚, ウェブサイト 英語 翻訳, 木 英語, こちら は 英語 メール, Extension Number, 赤西仁 アルバム レンタル, 錦戸 亮 Code, イナビル 効かない, 進出 対義語, 後藤田正晴 菅直人, パパドル 動画 特別編, ロフト カー用品, 浜辺美波 Ins, Crisis 日本語, エヴァ 旧劇 2ch, 宇多田ヒカル インスタライブ 見方, 半分青い 102話 動画, 3年a組 最終回 動画, イヌブナ 樹皮,

≫≫オオサカ堂の闇≪≪
海外法人のため、実態が不明で安心して利用できない...
そんな人におすすめなのが...!!

医薬品輸入代行 1位 アイドラッグストアー
日本法人だから、どこよりも安心!
★国内スタッフがどこよりも親切に対応!
★国内の公的機関で成分試験 取扱商品の品質は全てチェック!
★創業38年の実績!蓄積したノウハウでお客様の自信と誇りをサポート!
医薬品輸入代行 2位 アイジェネリックストアー
日本をはじめ関係者各国の法律を厳守して、運営!
★海外製・日本製の薬ともに送料無料!
★偽物を販売しないよう成分鑑定を実施!
★口コミ評価が高い!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました